>  > 愛人よりも風俗かも

愛人よりも風俗かも

愛人を作るよりも風俗の方が良いんじゃないかなと思うようになってきたんですよね。なぜなら風俗にはいろんな子がいます。それに、愛人は初めのうちはいいんですけど、次第に図々しくなってくるし、私生活にまで介入してくるようになったりして面倒なんですよね。ご飯食べたいとか、こっちからすれば本当に無駄というか余計な時間でしかないんですよね。でも風俗であれば、相手からそういったリクエストを受けるようなことはまず有り得ません。お客として接してくれているからですが、それと同時にあくまでもその場だけの関係でもあるじゃないですか。そこからあれこれ言われるようなこともないので、結局愛人を作るよりも、風俗の方が自分の理想に近い時間を楽しめるんじゃないかなと思うようになったきたんですよね。愛人には愛人の良い所もあるとは思いますけど、自分としては愛人よりも風俗の方が面倒も後腐れもないので、求めているものなんじゃないかなと。

会いたいって感覚ですかね

性感マッサージだけは「気持ち良くなりたい」とか「そろそろ風俗かな」って気持ちじゃなく「行きたい!」って気持ちで行くことが多いんです。微妙なニュアンスの違いですけど、快感を求めてってよりは性感マッサージそのものを楽しみたいって気持ちになるんです。これは他の風俗に対してはあまり抱くことのないものなんですけど、性感マッサージにだけは抱くんですよね。多分ですけど絶頂だけじゃなくて他も気持ち良いからでしょうね。男の快感は絶頂ってものがあるので分かりやすいとは思いますけど、でも絶頂だけが気持ち良い訳じゃないんです。他だって当然気持ち良いって気持ちはあるんですが、性感マッサージは絶頂以外の部分も気持ち良いんです。流れるように快感が自分に押し寄せてくるので、それで性感マッサージが好きだなって気持ちになっているんじゃないかなって。何となく利用したいって気持ちに襲われるのは性感マッサージのその点かなって思いますが。

[ 2017-05-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談